ジーンズの基礎知識 ジーンズ選びに迷ったら!

ジーンズの基礎を知って攻略しよう!ジーンズ選びに迷ったら…見てほしい基礎知識を紹介します。

ジーンズの股上


ジーンズシルエットに流行があるように、股上にも流行があります。股上が深め、普通、浅めのジーンズの特徴を解り易く紹介します。



ローライズ(股上浅め)


ローライズは股上が浅い…股間からウエストまでの長さが短い股上です。

ローは低い(浅い)、ライズは股上という意味です。

この腰で穿く感覚のローライズは、レディスジーンズに主に採用されていましたが、ここ数年メンズジーンズにもローライズの採用が増え若者を中心に人気となっています。

腰で穿くといってもジーンズを下げて穿く”腰パン”とは違いヒップにジャストフィットでベルトの位置が丁度おへその下あたりにくる股上の深さをローライズと呼んでいます。




ヒップハンガー(股上浅め)


ローライズとほぼ同じ意味ですが、ローライズよりも全体的にゆったりしたデザインのジーンズにこのヒップハンガーが取り入れられています。

骨盤の骨やおしりのふくらみでひっかけて穿くデザインなのでローライズよりもウェスト部分にゆとりをもたせてサイズ選びます。ヒップボーン・ローウエストなどと呼ばれる事もあります。

この様な股上の浅いデザインは1960年~1970年代に流行し、衰退を経て
1990年代後半に流行が復活し今日に至っています。




レギュラーライズ(普通)


レギュラーライズはいわゆる普通の股上のことです。ミッドライズと呼ばれることもあります。

しっかりお腹とお尻を包みこんでくれるレギュラーライズは年齢を問わず根強い人気となっています。

履き心地を追求するならレギュラーライズのジーンズがオススメですが、レギュラーライズはウエスト部分にジーンズのベルト部分がジャストフィットするので、ローライズを穿きなれた人にはウエスト部分が苦しく感じることもあるようです。




ハイライズ(股上深め)


ハイライズは股上が深い…股間からウエストまでの丈が長い股上です。

ハイは高い(深い)、ライズは股上という意味です。

ウエスト部分が高い位置にくることで足が長く見え美脚効果があります。スタイルの良い人であればウエストラインが奇麗に見えます。

ハイライズのメリットを最大限に引き出す為にはトップスをジーンズの中に入れるか丈の短いトップスと合わせなければ意味がありません。

たとえばTシャツをジーンズの中に入れるセンス???
若者にハイライズの人気が定着しない原因のひとつはここにありそうです。




 ローライズのメリット


ローライズ、股上浅めのジーンズは、ベルトの位置が腰まわりにくる為、ウェスト部分の締め付け感がなく穿いていて楽なことがメリットのひとつとして上げられます。

股上部分の面積が少ないことで、小尻効果も期待できます。

実用性よりファッション性が高いジーンズなので穿きこなし方次第で個性的なオシャレを楽しめます。




※ ローライズのデメリット


ローライズ、股上浅めのジーンズは、しゃがんだ時などに下着やおしりが腰の上から見えやすいことがあげられます。

このデメリットを解消したローライズジーンズも最近では販売されています。

エドウィンの人気シリーズC-17(シーセブンテ-ン)などはしゃがんだ時に腰の後ろ部分が浮かない工夫が施されています。

又、逆転の発想で見せてもかわいい、カッコイイいわゆる”見せパン”と呼ばれる下着も登場しています。